読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

池澤あやかの“Hack on Air”レビュー<ホワイトボード撮影画像の簡単シェア『Boarding』編>

Lifehack

リクルートキャリア社員が企画したWebサービスやアプリを、池澤あやかさんがレビューする新連載「池澤あやかの“Hack on Air”レビュー」。記念すべき第一弾は、ホワイトボード撮影画像が簡単にシェアできるアプリ『Boarding』です。

f:id:carraria:20160317165015j:plain

1クリックでホワイトボードの撮影画像が参加者に送られる

池澤:今日レビューさせていただくのは、どんなアプリですか?

田淵:会議や打ち合わせをするときって、ホワイトボードにアイデアを書き出したり、その時話した内容をメモしたりしますよね。最近だとそれを議事録代わりに、スマートフォンで写真を撮って、参加者にメールで共有することが多いと思います。写真ロールにある画像を探して、参加者のメールアドレスを選んで、件名を入れて…。

でも、1日に何件も会議があると、写真の整理も送る作業も結構面倒くさいんです。それらを解決するのが、今回紹介するアプリ『Boarding』です。

f:id:carraria:20160317165017j:plain▲株式会社リクルートキャリア 次世代PF統括部 ユーザーグロースグループの田淵敬三さん(※Boarding開発ストーリー

池澤:アイコンのデザインかわいいですね!

f:id:carraria:20160317165018j:plain▲プログラミングができるギークな女優 池澤あやかさん。自身でもアプリを開発しているのだとか。

田淵:ありがとうございます。『Boarding』の操作はすごく簡単。アプリを使ってホワイトボードを撮ったら、リスト化されます。1クリックすると参加者のメアドが表示されるので、選択して送信ボタンを押すだけ。メールの件名などは、iPhoneの標準カレンダーに登録されているスケジュールから引っ張ってくるので、入力作業も不要です。

▼『Boarding』の使い方 – ホワイトボード撮影画像の簡単シェア

f:id:carraria:20160317165035j:plain

 池澤:日付や件名も入ってくるんですね。

田淵:会議の出席者や会議名と、写真の保存日時をマッチングさせています。ホワイトボードに限らず、標準カレンダーに予定が登録されていれば飲み会や会社の歓迎会などでも、出席者全員に簡単に写真が共有できますよ。

f:id:carraria:20160317165019j:plain

池澤:わあ、便利ですね。UIデザインがかわいい(笑)。

田淵:さっき褒めてもらったアイコンもですが、このデザインはアップル本社からスカウトされたことがある高橋アレクサンダーというメンバーが作ったものなんです。紆余曲折あって、ここで一緒に働いてるんですよ。

f:id:carraria:20160317165020j:plain

池澤:えっ、アップルからスカウトされるってすごいですね。作品を見て評価されたんですか?

田淵:Dribbbleというサイトに作品を上げたら、アップルの担当者の目にとまってスカウトされたんですが、結局ビザの関係で行けなかったんです。ちなみに、このアプリの開発を担当した山本慎也もシリコンバレーで起業がきまっていたんですが、同じくビザがとれなくて一緒に仕事しています。シリコンバレーに行けなくても、今は十分楽しく仕事できてるって言ってますけどね(笑)。

池澤:不思議なご縁だなあ。シリコンバレーでもこの『Boarding』が流行るといいですね(笑)。

f:id:carraria:20160317165021j:plain

田淵:実は『Boarding』をグローバルにも伝わるように意識して作っています。PR動画の出演者もさまざまな国籍の人に集まってもらって、撮影しました。場所はリクルートの社員食堂なんですが、文言もセリフも使わないで、世界中の誰が見てもわかるように作りました。

Boarding』PR動画

池澤:グローバル感にあふれてますね。

田淵:大学生向けにも広めていきたいと考えています。例えば授業の板書とか。池澤さんは大学を卒業したばかりだと思いますが、板書とか書き写すの面倒だと思ったりしたことはなかったですか?

f:id:carraria:20160317165023j:plain

池澤:私はプログラミングの授業や、スライドを使った授業が多かったので、板書はあまりなかったですね。スライドはPDFで配布されたりしていました。

f:id:carraria:20160317165024j:plain

田淵:なるほど。板書も少なくなっているのかな。理系と文系では少し違うのかもしれないけど、授業のやり方もどんどん進化していきますね『Boarding』も連携していきたいです。

池澤:ところで、写真をメールで送るのはなぜなんですか?私は会社に勤めたことがないからかもしれませんが、FacebookやDropbox、Googleドライブなどで共有することが多いのですが…。あと議事録の写真にテーマ別にタグ付けができるとあとで振り返ったり、まとめやすいので助かります。

田淵:会社だとセキュリティの関係でメールで送ることがほとんどなんです。でも、はっとさせられる意見ですね。

f:id:carraria:20160317165025j:plain

田淵:次回の打ち合わせに、「前回はこんなかんじで終わりましたよね」という振り返りから入ることが多いので、PCメールが使いやすいのですが、最近はFacebookやChatWorkのやり取りも多くなっているから、連動させる機能も検討していきたいですね。

池澤:でも、写真を送るツールが増えると1クリックは難しくなっちゃうかな。どれで送るか選ぶ必要がでちゃうから。

f:id:carraria:20160317165028j:plain

田淵:その辺はデフォルトでどれを使うかと設定できるようにしておけば、なんとかなると思います。

池澤:カレンダーはどんなカレンダーでもいいんですか?私、iPhoneの標準カレンダーは使ってなくて、Googleカレンダーを使ってるんです。

田淵:GoogleカレンダーやFacebookカレンダーは標準カレンダーと、設定で連携させておけば大丈夫ですよ。

ということで、『Boarding』を使ってみてもらってもいいですか?

f:id:carraria:20160317165029j:plain

池澤:やっぱりデザインがきれいですね!UIのきれいさに感動しました。予定と連動させるとライフログとしても使えるのが面白いです。

f:id:carraria:20160317165031j:plain

田淵:デザイナーの高橋アレクサンダーが聞いたら喜ぶと思うので、ここに呼んでもいいですか?一緒に記念撮影しましょう。

池澤:ぜひぜひ!

──ということで、UIデザインを担当した高橋アレクサンダーさん登場。集合写真を撮影し、『Boarding』で写真を共有し合う。

f:id:carraria:20160317165032j:plain

田淵:こうして撮影をした写真も、インタビューの予定とメンバーをスケジュールに登録しておくと、すぐ送ることができます(笑)。

池澤:あっ、あとからカレンダーに予定を入れても紐付けてくれるんですね。

f:id:carraria:20160317165033j:plain

田淵:今後のチューニングポイントとしては、写真の保存時刻に少し幅をもたせてスケジュールと連動させるようにしょうとしています。会議が伸びることもあるし、ギュウギュウに予定が入っている人は、どの会議の写真か判断を迷うこともあるんですよね。

池澤:優先順位付けは難しそうですね。キャンセルや同時に複数入っている場合もそうかな。

田淵:こんな機能があったらうれしいというのはありますか?

池澤:う~ん、そうだなあ。近くにいる人と簡単に共有できたら面白いですね。

田淵:なるほど。検討してみます!また『Boarding』を使ってみて感想や意見があったら、ぜひ聞かせてください。いつでもお待ちしています。

 

『Boarding』会議のホワイトボード 撮った瞬間、出席者に送れます!

自分に合う正社員の仕事を見つけたいならリクナビNEXT

f:id:carraria:20160317164750p:plain