読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【Maker Faire Tokyo 2014レポート】出展作品をダイジェストで紹介!

Lifehack

 2014年11月23日~24日に東京ビックサイトで開催されたメイカーズムーブメントのお祭り「Maker Faire Tokyo 2014」。この2日間の入場者数は約13,000人となり、終日大盛況でした。Maker Faire Tokyo 2014レポート後編は、出展作品の中から筆者がピックアップしたものをダイジェストで紹介します。

f:id:carraria:20160317164808j:plain

3Dプリンターで制作した世界遺産模型 (ばーちゃわーるど)

まず紹介するのは、ばーちゃるわーるどさんの、3Dプリンターで制作した世界遺産模型。

f:id:carraria:20160317164810j:plain

本物に忠実で精密な3次元データを作成し、3Dプリンターを使用して生成した部品を調整しながら、組み合わせて作られた精密作品の数々。1/1000のフェレンツェ大聖堂も美しい出来ですね!

f:id:carraria:20160317164811j:plain

編み電子部品(猫とロボット社)

ご夫婦でガジェット製作して出品されていた猫とロボット社さん。
内部にNFCタグを埋め込んで、それぞれのチャンネルに飛ぶアクセサリや、抵抗やコンデンサのカギ編み携帯ストラップがとてもかわいかったです。

f:id:carraria:20160317164812j:plain


「編みタグ」 by 猫とロボット社│MakersHub

INFORMATION ROBOT(事業組合 カンダロボティクス)

加速度センサーやジャイロセンサーなどを使って、交通整理の行動を「派手に」知らせるロボット。ヘルメットで顔が見えないので、装着者のプライバシーも守られるのも特徴。内側からは外がちゃんと見えるそうです。

f:id:carraria:20160317164814j:plain

自作3Dプリンター(multiplepanda)

BeagleboneLinuxcncを用いた自作の3Dプリンタだそうです。

f:id:carraria:20160317164815j:plain


Arduinoを用いたGRBLというCNCコントローラ!

f:id:carraria:20160317164816j:plain

Knitting Machine Hacking With Maker Lab Nagoya(Maker Lab Nagoya)

この写真はすでに生産終了となっている古いブラザー製の機械編み機。

f:id:carraria:20160317164817j:plain

使い方が複雑でどう扱ったらいいのか困っていたところ、知り合いのエンジニアたちが、パソコンで読み込んだ画像をそのまま編み物してくれるように改造してくれたという感動の作品でした。複雑な絵柄もばっちり編むことができるそうです!

f:id:carraria:20160317164819j:plain

光造形3Dプリンタ/氷積層3Dプリンタ(東京大学3Dプリンタ倶楽部)

市販のプロジェクタを使って、光造形方式3Dプリンタを作っている東京大学3Dプリンタ倶楽部の皆さん。

f:id:carraria:20160317164820j:plain

3次元モデルデータを光硬化樹脂を固めていく光造形3Dプリンタのデモや、まだ開発中だという冷却装置から自作する氷積層3Dプリンタのデモを披露していました。

f:id:carraria:20160317164821j:plain

2015年春の完成を目指して開発中だそう。

f:id:carraria:20160317164822j:plain

f:id:carraria:20160317164824j:plain

3Dプリンターでワークショップ(たまろく×マーブルワークショップ)

タブレットに描いた絵を3Dデータで出力して、マグネットやストラップなどに加工する体験を通して、子供たちに3Dプリンタのしくみを理解してもらおうというワークショップ。

f:id:carraria:20160317164825j:plain

子供たちも楽しそうに体験していました。

f:id:carraria:20160317164826j:plain

深宇宙彫刻ARTSAT2(ARTSAT:衛星芸術プロジェクト)

はやぶさ2と相乗りで打ち上げられる深宇宙彫刻「ARTSAT2」。

f:id:carraria:20160317164828j:plain

3Dプリンタで作られたというこの「ARTSAT2」は、芸術作品でありながら、内側には大量の電池とコンピュータが積み込まれており、宇宙でも電波が受信できるようになっているのだそう。

f:id:carraria:20160317164829j:plain

宇宙データを使ったアプリケーション(ISAC Tokyo)

宇宙のデータを使ってアプリケーションをつくるハッカソン「ISAC Tokyo」からは「地球の歩き方」「マーチーム」「Apollon’s Eye」が出展。NASA公開の宇宙画像から音声認識や画像認識を使って、人面状構造物を探すプロジェクトからは、また新たな画像が見つかったという報告をいただきました(笑)。

f:id:carraria:20160317164830j:plain

宇宙エレベーター昇降機『momonGa-6。』(チーム奥澤)

富士山麓で開催された「宇宙エレベーターチャレンジ」にて1200m×2回の昇降を実現した『momonGa-6。』のブースで行われていた昇降デモ。

f:id:carraria:20160317164832j:plain

奥澤さんを中心とした社会人有志チーム『チーム奥澤』が開発する宇宙エレベーター。いつかこのエレベーターに乗って宇宙に行ける日を楽しみにしています!

f:id:carraria:20160317164833j:plain

NVIDIA (NVIDIA Japan)

PCやスパコンで使われるのと同じアーキテクチャのGPUを搭載したNVIDIA(エヌビディア)の組込みボード「Jetson TK1」。

f:id:carraria:20160317164834j:plain

超高速で専用ゲーム機並みのゲーム体験が楽しめるCUDA on「SHIELDタブレット」や、GPUコンピューティングのグラフィック処理で映し出される高解像度の映像が流されている。

f:id:carraria:20160317164836j:plain

Jetson TK1を搭載した走行ロボット「TURBO」のデモ。TURBOが認識した画像がリアルタイムに大型ディスプレイに表示される。

f:id:carraria:20160317164837j:plain

TURBOは通常よりも耐熱温度や耐震性が高い軍事グレードのJetson TK1が使われているそうです。

f:id:carraria:20160317164838j:plain

re:make 「moog型植物育成実験装置」(研究装置を作る会)

発泡スチロールの中に制御装置やLED、センサーなどを使って植物を育成する装置「re:make」。

f:id:carraria:20160317164839j:plain

隣にはデザイナーの力を借りたかっこいいバージョンの「re:make」も。

f:id:carraria:20160317164840j:plain

研究装置を作る会のお二人。

f:id:carraria:20160317164842j:plain

ソーシャルロボット マグボット(東京都市大学小池研究室)

東京都市大学からの出展は、子供からお年寄りまで楽しめるオープンソースのソーシャルロボット「マグボット(Social Robot Mugbot)」。

f:id:carraria:20160317164843j:plain

Raspberry PiとArduinoを使っており、100円ショップの部品などを使えば1万円台で自作できる仕組みになっている。

f:id:carraria:20160317164844j:plain

スマホやPCから動かすことができ、小学生でもつくれるようSCRATCHでプログラミングできたり、デザインも工夫しているそう。マグボットの作り方も公開中です。

f:id:carraria:20160317164846j:plain

Making Mugbot マグボットの作り方 | Nonproprietary Open Source Social Robot

飛ぶ癒し系ロボット「Project Haro」

人気アニメガンダムシリーズに登場する小型ロボット「ハロ」をイメージさせる飛ぶ癒し系ロボット「Project Haro」。残念ながら飛んでいるところは見れませんでしたが、キャッチボールをして遊ぶと楽しいそうです。

f:id:carraria:20160317164847j:plain

ホットサンドロボット(山田社長)

3体が協力しあってホットサンドを焼く人体型のホットサンドロボット。かわいいですね!

f:id:carraria:20160317164848j:plain

世界最小で最凶の「孫の手」、あのスカウター(fabcross)

個人のものづくりを応援するメディア「fabcross」は、記事で人気が高かった作品を展示。

f:id:carraria:20160317164850j:plain

デジタルフォトグラファーとして活躍するJulie Wataiさんがチャレンジしたという至高のウェアラブルデバイス「あのスカウター」

f:id:carraria:20160317164851j:plain

理系マンガ家の見ル野栄司さんが作ったという「世界最小にして最凶の孫の手」

f:id:carraria:20160317164852j:plain


世界最小にして最凶の孫の手を作ってみた | fabcross

プログラマ募集をアピールするQuadceptさん

クラウド型電子CAD「クアッドセプト」を提供するQuadcept株式会社。製品よりもプログラマ募集を強くアピールされました(笑)。

f:id:carraria:20160317164853j:plain

↓ 本気でプログラマを求めているのが伝わってきますね。

f:id:carraria:20160317164855j:plain

空飛ぶ車の1/5試作車(Cartivator)

開発中の空飛ぶクルマ「SkyDrive」を5分の1スケールで展示。屋外では試作車の実演も行われていました。

f:id:carraria:20160317164856j:plain

スケルトニクス 

腕や足の動きに追従し、通常の人体では表現できないダイナミックな動きを実現できる動作拡大型スーツ。1回300円で体験できるコーナーは途切れることのない行列が続いていました。

f:id:carraria:20160317164857j:plain

LeapMotionでボクシングロボット(LeapMotion Developers JP)

LeapMotionをHTML5/Javascriptで動かすボクシングロボットで遊んできました。

f:id:carraria:20160317164858j:plain

開発者さんのTシャツも、LeapMotion Developers JP!

f:id:carraria:20160317164859j:plain

チームラボMake部

レゴマインドストームのように組み合わせてモノをつくるコーナー。

f:id:carraria:20160317164902j:plain

まるで駄菓子屋さんで好きなお菓子を選ぶかのような感覚で、組み立てていく子供たち。次から次へとひっきりなしに遊んでいました。

f:id:carraria:20160317164903j:plain

冷蔵庫に入っておしゃべりする「冷えミク」(akita11@マイコンブ)

冷蔵庫を開くと光を感知して、話しかけてくれるミクちゃんのキャラクターガジェット。おうちの冷蔵庫に入れたいです!

f:id:carraria:20160317164908j:plain

察して欲しいマンと遭遇(akira_you)

この瞬き、この胸の高鳴り、この息づかいを察して欲しい…そんなアピールを伝えるウェアラブルヘルメット「察して欲しいマン」。ニコニコ技術部で活動している京都のエンジニアさんなんだとか。

f:id:carraria:20160317164909j:plain

まずは、呼吸センサー「鼻ホタル」で息づかいを……

f:id:carraria:20160317164910j:plain

赤外線式心拍計「HeartCap」で胸のたかまりを……

f:id:carraria:20160317164911j:plain

唾を飲みこんだときも「ゴクッ!!」とお知らせするフラッグが…

f:id:carraria:20160317164912j:plain

こんなに派手なコスプレなのに、シャイなかんじがかわいいですね(笑)。

RAPIRO(機楽株式会社 石渡 昌太)

Raspberry Piで動くロボットRAPIROと、開発者の石渡昌太さん。ブースにはたくさんのRAPIROや3Dプリントフィギュアや関連グッズが展示されていて、常に人だかりでした。

f:id:carraria:20160317164913j:plain

テクノ手芸作品と光るブローチ(テクノ手芸部)

フェルト生地で作ったLEDで光る目がアクセント動物のブローチ。

f:id:carraria:20160317164915j:plain

コミュニケーションロボットBOCCO(ユカイ工学株式会社)

スマホと連動して、家庭内に装着できるセンサー情報を通知するコミュニケーションロボット「BOCCO」。

f:id:carraria:20160317164916j:plain

地球風速(Earth × Personal Cosmos)

世界の風速データを可視化したサイト「Earth」と地球や惑星のデータを球に投影する「Personal Cosmos」のコラボレーション「地球風速」。

f:id:carraria:20160317164917j:plain

NASAやJAXAが提供しているデータを変換して映し出しています。

f:id:carraria:20160317164918j:plain

出展者の湯村翼さん。Personal Cosmosは、NASAとJAXAが提供しているデータでアプリを開発するハッカソンイベント「International Space Apps Challenge(ISAC)」から生まれたのだとか。

f:id:carraria:20160317164920j:plain


「地球風速」 by yumu19│MakersHub

ヒャッカソンの作品集(ヒャッカソン)

100円ショップのグッズを使ってものを作るハッカソン「ヒャッカソン」から生まれた作品を展示。

f:id:carraria:20160317164921j:plain

原価300円でできたというダンボール製のVRゴーグル。売ってたら絶対買ってた。

f:id:carraria:20160317164922j:plain


「ヒャッカソン!!(100均グッズでハッカソン)」のページ│MakersHub

品モノマガジン(品モノラボ)

品川に縁のあるメイカーとメーカーが集い、ものを作る文化を作る放課後活動「品モノラボ」の有志たちが、書いているという品モノマガジン。イラスト入りでとてもわかりやすく、ものづくりを紹介している冊子。すでにvo.8まで発行されているのだとか(2014.12現在)

f:id:carraria:20160317164924j:plain

2525発電(2525発電製作委員会)

みんなで一斉にテーブルを回転させて発電する2525発電。

f:id:carraria:20160317164925j:plain

テーブルの真ん中にカメラが仕込んであり、発電された電気はここに給電されます。最後にテーブルを回したみんなで記念撮影もできる仕組みになっていました。

f:id:carraria:20160317164926j:plain

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社

ゲームエンジンUnityとVRヘッドセットOculus Riftを使った体験コーナー。

f:id:carraria:20160317164929j:plain

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社の伊藤周さんと高橋 啓治郎さん。

f:id:carraria:20160317164930j:plain

GlueMotorと寺崎さん(GLOW Project)

タブレットやスマホで操作できるGlueMotorで風船の耳を動かしたり、光らせたりして会場を楽しませていた寺崎さん。

f:id:carraria:20160317164931j:plain

メイカーズのお祭りらしく、参加者も来場者(大人も子供も)も楽しめるモノとイベントであふれていた「Maker Faire Tokyo 2014」。来年はもっと会場が広くなることを期待してます!


【Maker Faire Tokyo 2014】MakersHubも出展してきました! - Hack on Air - ゴキゲンに仕事するヒント満載!

---

 Makersのための作品ショーケースサイト

f:id:carraria:20160317164749p:plain

 

自分に合う正社員の仕事を見つけたいならリクナビNEXTf:id:carraria:20160317164750p:plain