読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか自分も、心惹かれる“人懐っこい会社”を創りたい――秦野優子が、「人」の会社で働くワケ

Interview

2012年、株式会社リクルートのHRカンパニーと、株式会社リクルートエージェントの統合によって誕生した、株式会社リクルートキャリア。「人で、世界一になる」ことを目指し、これから創られていくこの場所では、社員一人ひとりが主人公です。今回は、広報部で主に社内広報を担当している、秦野優子のストーリーをお届けします。

f:id:carraria:20160330014655j:plain

働くことに憧れ続けた1人の女の子が、“人懐っこい会社”と出会うまで

人が働くのは、決して単なる“労働”ではなく、誰かから強いられるのでもなく、一人ひとりが意志を持って行動すること――中学生になった頃から、秦野優子は「働くこと」は誇り高いものなんだと憧れを抱きはじめました。

「父の影響が大きいですね。家でそれほど会社の話はしませんでしたが、父がプライドを持って仕事しているのを日頃から感じていました。あるとき家庭訪問で来た学校の先生から『今の中学生はサラリーマンになるなんて夢のないことを言う』と言われたとき、『サラリーマンだって夢を持って仕事しているんだ!』と怒ったことを覚えています」(秦野)

親の転勤で、東京と北海道を転々としたこともあって、中学時代にいじめに遭い、両親に支えられて辛い3年間を乗り越えた秦野は、高校生になって心機一転、新たな環境で思い切り学生生活を楽しむようになりました。舞台上でキラキラと輝く先輩たちを見てダンス部に入り、夢中になったり、アルバイトをはじめてみたり……。そんな、ごく普通の女子高生だったといいます。

大学に進んでからも、自分が「楽しそう!」と感じたことに次々飛び込んでいきました。とにかく「やりたいことは全部やった」と言い切る秦野。そんな彼女が最も憧れた仕事は、「ラジオのパーソナリティー」でした。そのためマスコミ関係の会社に就職を考え、「エントリーシートが不要だったから」と、面接の練習程度の気持ちでたまたま参加したのが、株式会社リクルートのインターン募集だったのです。

「何も準備しないまま行ってしまったので、私が話すことは、まあ矛盾だらけ。でも面接官の方が私に興味を持ってくれて、私が自分自身についてより深く考えられるように質問をたくさんしてくれたんです。なんて“人懐っこい”会社なんだろうと感激し、落ちたとしてもいい経験だった! と思えたのですが、まさかの合格で(笑)」(秦野)

そのとき一緒に合格したインターン生たちの姿も、秦野にとっては大きな刺激になったといいます。

「みんなが『いいものを作ろうよ』と、本当にイキイキと夢を語っていたんですよね。この子たちがみんな入りたいと思う会社ってすごい。パーソナリティへの憧れはあったけど、こういう人たちが集まっているリクルートなら、私も楽しく働けるんじゃないかと思ったんです」(秦野)

f:id:carraria:20160330015358p:plain

「世の中のすべての組織がこうあってほしい」理想の上司、チームに出会う

秦野が入社して最初に配属になったのは、「HOT PEPPER」のネット広告営業を担当する部署でした。ここで彼女は、その後の人生に大きな影響を与える経験をすることになります。

忙しいけど、楽しい! と素直に思えたというその現場では、営業が新規顧客の獲得に走り回る中、受注報告から5分後には「○○さんが1年追い続けた○○会社からAプランを受注しました!」というように、受注結果とそれまでのストーリーが書かれた成果のメールが真っ先に営業メンバー全員のもとへ届けられていました。

「受注メールを受けると、私もあと1件飛び込もう!と元気をもらえました。そうした環境づくりも含め、組織を統括していたグループマネージャーのマネジメントがとにかく素晴らしかったんです。自分が一人でがんばっているのではなく、このチームで戦っているんだという実感が常にありました」(秦野)

忙しいけど、楽しい! と素直に思えたというその現場で、いつか自分も、こんなチームを作れるようになりたい――その理想を社内で追いかけたい気持ちが強まると同時に、秦野の頭には、ぼんやりともう一つの道が浮かびはじめることになります。

「ふと、世の中のすべての組織がこうなっていけばいいのに、と思ったんですよね。会社だけではなくて、日本の社会全体でもこのチームと同じメソッドが広まればいい、と。自分がマネージャーになって、一つのチームでそれを実現するよりも、全社的にもっと大きな範囲でやるためにはどうすればいいのかを考えるようになりました」(秦野)

「みんなで創り上げていくのが好き」という秦野。その結果、彼女は一つの結論にたどり着きます。「人事の仕事をしよう」。

秦野はリクルートを離れることを決意し、ネット広告を売る中で、顧客のネットへの期待感が高まるのを感じ、「これからはネットの時代だ」と、当時勢いのあったネット系のベンチャー企業に人事として転職しました。入社から1年半での、思い切った決断でした。

f:id:carraria:20160330015502j:plain

“脱皮フェーズ”にさしかかった古巣へ戻り、かつての理想を叶えていく

一度リクルートを離れて人事の仕事をした経験が、彼女にとってプラスに働くことになります。

「転職した企業で人事の仕事に取り組むうちに、広報と採用がつながることの重要性に気づいたんです。あるとき会社が有名なTV番組に取り上げられ、いつもは1日3件程度だった採用への応募が一気に300件まで膨れ上がったことがあって(笑)びっくりしましたけど、広報の力が採用にはねかえってくるのを実感しました」(秦野)

やがて会社が早期退職希望者を募りはじめたのを機に、秦野は再び転職活動をはじめます。その候補に再び挙がったのが、リクルートキャリアでした。

「ここでは採用と広報が近い距離にあったうえに、会社が統合して3年目の過渡期にありました。私の大好きな、そして転機をくれたリクルートが、今まさに脱皮しかけるフェーズにある。それならもう一度、戻って力を尽くしてみようと思ったんです」(秦野)

2014年、“出戻り”という形でリクルートキャリアに入社した秦野は、採用グループに配属されました。

1年間採用担当をした後、2015年から現職の社内広報に異動。
現在は、社内方針の発信や、社内向けのメルマガ・社内報制作などさまざまな仕事がある中、彼女が主に担当するのは社内イベントのコーディネートです。メイン行事は1年に1度、必ず開催される全社総会「ビジョン・ミッションデー」。一方的に経営方針を押しつけるのではなく、社員を巻き込んでモチベーションを高め、組織を活性化するためのコンテンツを作り込んでいく。それが彼女の役割です。

「HOT PEPPER」での新人時代、マネージャーに憧れて「“人懐っこい”会社を創って、広げていきたい」と思い描いていた秦野。彼女はその夢を今、まさにこの場所で一歩ずつ実践しようとしているのです。

f:id:carraria:20160330015601j:plain

“脱皮フェーズ”にさしかかった古巣へ戻り、かつての理想を叶えていく

そして現在、秦野が叶えようとしているのは、リクルートキャリア内での目標だけではありません。彼女は積極的に課外活動にも取り組んでおり、パラレルキャリアという形で自分らしい働き方を模索しています。

「リクルートキャリアに戻ってきたとき、新卒採用のピークでかなり忙しかったんです。働くことが大好きなのは変わりないと思っていたのですが、あまりにも仕事に追われすぎてしまい、一瞬仕事が嫌いになりそうになってしまって……。『ダメだ、これでは“労働”になってしまう』と思い、土日を使って何か他のことをやろうと思いました」(秦野)

本業と、自分の好きなこと。2つの居場所を持つことで、より健全な心で生きられる。ちょうどいいバランスを保っていける。そう考えはじめたとき、思いがけないチャンスがやってきました。

かつて強く憧れを抱いていたラジオパーソナリティーの仕事。就活時代のご縁が今になってつながり、休みの日だけコミュニティラジオのレポーターをすることになったのです。

「その地域の人たちは、普段私が仕事で関わっている人たちとは全然違うタイプばかりです。でもみなさんのエネルギーがすごく強くて、私まで元気をもらっています。いろいろな方との新たな出会いが刺激になって、本業の仕事に生きることもたくさんあるんですよね」(秦野)

こうした活動は、キャリアに悩む女性たちを勇気づけているようです。秦野はラジオ以外にも、「パラレルキャリア実践中♪」という記事を「ハナジョブ」というWEBメディアで連載しています。

「仮に就職活動が上手くいかなくて、希望の会社に行けなかったとしても土日にやりたいことをやればいい。やる気と気持ち次第でできる、ということを広めていけたらいいなって」(秦野)

常に自分が「今はこれが必要!」と感じたことに素直に向き合って行動してきた彼女だからこそ、こうして選択してきた一つひとつのことがつながっていくのでしょう。秦野のような存在がいることで、リクルートキャリアは、かつて秦野自身が心惹かれた“人懐っこい会社”であり続けてくれるのかもしれません。

現在、積極採用中! 

 現在リクルートキャリアではキャリア採用を積極的に行っています。

リクルートキャリア採用サイトまたはWantedlyから求人に応募下さい。

また、ご経験にあった求人があった場合のみスカウトを受けたい場合は「キャリア登録」からエントリー下さい。お待ちしています。

(TEXT by PRTable