読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人に向き合う、自分と向き合うーー「内省」と出会い、人生を好転させた佐治逸郎の軌跡

Interview

2012年、株式会社リクルートのHRカンパニーと、株式会社リクルートエージェントの統合によって誕生した、株式会社リクルートキャリア。「人で、世界一になる」ことを目指し、これから創られていくこの場所では、社員一人ひとりが主人公です。今回は、大手総合商社、教育関連のNPOを経てキャリアアドバイザーになった、佐治逸郎のストーリーをお届けします。

f:id:carraria:20160420190625j:plain

「内省」をし続けた結果辿りついた「本当の自分」とは

人生において大きな意思決定をするとき、自分は何をしたいのか? 自分が求めているものは何か? と我が身を振り返る「内省」をしたことはあるでしょうか。 佐治がはじめて意識的に「内省」を行ったのは、就職活動をスタートした2008年、大学2年の終わり頃。自分は何がしたいのか?なぜそうしたいのか?を自問自答したり、世の中のトレンドやビジネスについて探求する「内省ノート」を書き始めた時だったそうです。

f:id:carraria:20160420184909j:plain大学2年の終わりから書き続けている「内省ノート」。現在も書き続けている。

「就職活動を通じて自分や社会課題に本気で向き合い続けていく中で今の日本の教育では、1回しかない人生をどう生きていくのか、自分自身ときちんと向き合う『内省』の機会が欠如していると感じるようになったんです。そこで僕は、公教育を変えるには、文部科学省に入り、官僚としてはたらくしかない。と思い、公務員を志望していました。」(佐治)

とことん内省を突き詰める中で、「じゃあ、実際に文部科学省で働いている官僚の人たちは、どんな思いをもってどんなチャレンジをしているのだろう?」という純粋な疑問に突き動かされた佐治は、霞ヶ関の若手官僚が集まるオープンゼミに参加したり、知り合いを辿ってOBOG訪問をするなど、現役の官僚の方に会い続けました。その結果佐治が辿りついた答えは「何をやるかより誰とやるかが自分にとって重要だ」ということでした。「教育を変えることそのもの」にも強い興味があった一方で、それ以上に大切だったのは、「不条理を変えたい」という強い思いを持って、周囲を巻き込みながら行動し続けている「同志」がたくさんいる会社ではたらく、ということに気づくことが出来たのです。

その結果、佐治が新卒で入社したのは、とある大手総合商社でした。総合商社なら世界を相手に仕事ができる。その上、一人ひとりが自分の言葉で「なぜその仕事をしているのか?」について語っている。その仕事を通して、かねてから興味関心の強かった国際協力につながる仕事ができるかもしれないし、将来的には「教育を変える」というチャレンジもできるかもしれない。しかし思い描いていた理想が、この会社で叶うことはありませんでした。

「最初に就職した総合商社では、なぜうちの会社にきたのか、何をしたいのか、自分自身のWillについては1度も聞かれたことがありません。「やれと言われたことをひたすらやり続ける」ことの方が重要で、その人の人生に関わり、内省を促し、持ち味を発揮させていくというマネジメントスタイルではなかったんですね。シンプルに言うと『自分のことをきちんと見てもらえていなかったことが寂しかった』ということかもしれません。今思うと、自分も若かったんだと思います(笑)」(佐治)

その後、商社を退職した、とあるところで出会った社長から声をかけられたことをきっかけにベンチャー企業に飛び込み、さらにその後は「自らコトを起こしたい」と考え、NPOで「教育イノベータ―育成支援プロジェクト」というイベントを主催するように。ベンチャーもNPOも、いずれの事業コンセプトも、佐治が学生の頃から課題に感じていた「教育」をテーマにしたものでした。しかし彼は、法人化の準備を進めていたNPOを法人化しないという決断に至ったのです。

「教育を変えたい、という思いを持ったイノベータ―が一堂に会した非常に熱気のあるイベントで、新聞で取り上げられるほど反響も大きかったのですが、将来的に収益化して運用していくことを考えたとき、ビジネスとして成立するイメージが湧かなかったんです。これは完全に自分の実力不足でもあるんですけど、みんながWIN-WINになる仕組みを作るには、ビジネスにして持続可能なものに仕上げてこそ、意義のあるテーマだと思っていたので…。このままだと自分は何もできないままだと考えて、「ビジネスを通じて、当事者意識を持ってイキイキ働く人を増やす」という軸で、改めて就職活動を開始することにしたんです」(佐治)

再び転職活動をはじめた佐治が、最終的に絞った会社は3社。そのなかにリクルートキャリアがありました。

暗黒時代からの脱出へーーカギになったのは「自己開示」

f:id:carraria:20160420185411j:plain

転職活動の際に、佐治は改めて「内省」を行い、自分に足りないものが何かを見つめ直しました。

 「僕自身はどちらかというとパッションで物事を解決する人間で、ビジネス感覚が弱いなと思っていました。それをイチから鍛え直さないと……と思い、「はたらく」ことに直結する事業をやっていて、熱量とビジネス感覚の両方を持っていると感じていたリクルートキャリアの門を叩くことにしたんです」(佐治)

 そうして佐治は、リクルートキャリアの営業職として再スタートを切ることになりました。しかし、彼はすぐに高いハードルに直面することになります。

 入社後の配属先は、ヘルスケア業界の企業を担当するグループでした。しかし“総合商社出身”という肩書きがあることで「こいつは、どれくらいやれるんだ?」という目で見られるのを、次第にプレッシャーに感じるようになったといいます。入社して最初の半年では60%ほどの目標達成率しか出せず、目の前のお客様にも価値を返せていないことへの焦りが、佐治を追い詰めました。

 「当時は、商社時代と同じように、内省をしない日々を繰り返してしまっていました。プレッシャーもあったからか、自分の気持ちを社内に言えてもいないし、聞いてもらってもイマイチ伝わっていない。どんどん自分に自信がなくなっていきました」(佐治)

 でも、ここで逃げたら一生ダメなままになってしまう。そう感じた佐治は、強烈な危機感と問題意識を自分に向け、ひたむきに努力を続けます。すると、やがて暗黒時代も終わりを告げることになります。異動のタイミングで、改めて「内省」が促されて、弱い自分も含めて周囲に伝えようと「自己開示」ができるようになって状況が好転したのです。

 「最初の頃は、何もできていないのに大きいことは言いたくないという思いから、自己開示ができていませんでした。リクルートキャリアに入社してからは、上司や周囲から“なぜうちの会社にきたのか、何をしたいのか”といった自分自身の意思を聞いてくれるようになり、次第に自己開示ができるようになって、自分の意思と周囲の期待が徐々にかみ合うようになっていったんです」(佐治)

 自身の「内省」を促してくれる環境に恵まれて、自己開示できるようになった佐治。それはやがて、「腹の底から、相手に理解してもらえている」という安心感につながっていったといいます。

「徹底的に人に向きあう姿勢」が、さらなる内省を促してくれる

f:id:carraria:20160420185715j:plain

もちろん、仕事を通じて向かい合うべきなのは自分だけではありません。「お客様と向き合う」という場面でも、「内省」を促してくれるシーンがありました。

 「2年くらい前でしょうか。上司に『お客さんと誠実に向かい合うとはどういうことか、考えているか?』と言われたことが印象に残っています。自分でも確かに向き合えていない、逃げているのかもしれないな、と思っているところがありました」(佐治)

 「本当に脳みそが擦りきれるまで考えているか?」と問われて、それができていない自分に気づいた佐治。だったらどうするべきか。佐治は自分の仕事に優先順位をつけ、「本当にやるべきことはなにか」を考えるようになりました。

 「日々の業務の生産性から、どの程度の量のアウトプットができるかまで、すべてその場で考えて行動するようにしています。今のままだと、お客さんにちゃんと向き合うことができず、ご迷惑をかけてしまうので担当企業数を減らし、一社一社に向き合う時間を増やす。それによって、お客様の要望に沿った提案が可能になり、業績も上がる。そういったことも自分自身で判断し、上司に要望することもやらなきゃいけないと思っています。本来、「やらされている仕事」なんて一つもないはずなんです。自分で考え、自分で決めて、自分で動かす。」(佐治)

 日々の業務も、自分と向き合って判断すれば、もっともっと改善できるもの。それをサポートしてくれるのは、マネージャーやチームです。例えばリクルートキャリア社内で行われる「Will Can Must面談」は、自身の「内省」を促してくれる機会のひとつです。

 「半年ごとに、自分は何をしたくて、何ができて、どのようになりたいかをじっくりマネージャーに伝える機会があるんです。ものすごいスピードで『内省』を繰り返すこの環境は、僕以外の人にも意義があると思います。お客様に対しても、きちんとした支援ができているかどうかを問われますから」(佐治)

 佐治は、このように「徹底的に人に向きあう姿勢」こそ、リクルートキャリアの魅力と感じています。

「自分の提案で、人の人生が変わる」キャリアアドバイザーとして描く未来

f:id:carraria:20160420185912j:plain

2015年10月に営業職を離れ、現在はキャリアアドバイザーとして活躍する佐治。自身を成長させてくれた「内省」の機会を、今度は訪れる求職者の人たちに対して提供しています。一人ひとりと向き合って「何をしたいのか?」を棚卸しする仕事に、やり甲斐を感じているそうです。

 「今は自分のキャリアアップよりも、リクルートキャリアのフィールド内で、社会に対して役に立てることをしたい、価値あることを続けていきたい、という気持ちが強いです」(佐治)

 しかし一方で、現在のキャリアアドバイザーの仕事内容については大きな課題もあると感じています。

 「現在は、ひとりのキャリアアドバイザーが60人ほどの転職希望者の対応をしています。一人ひとりの棚卸しをするとき、初回の1〜2時間の面談だけでそれを完全に終わらせることは難しいものです。でも初回から、より深く入り込んでキャリアアドバイザーとしての価値を発揮できれば、お客様に対してもよりよいソリューション提供になるし、僕ら自身のモチベーションも上がると思うんですよね」(佐治)

 どんなしくみを作れば、キャリアアドバイザーとして、もっと転職希望者の懐に深く入り込めるかーーそれは佐治が、これから解決していきたいと考えている課題のひとつ。彼にはそれを必ず叶えたいという強い意思があります。

 「僕自身もそうですが、転職によって自分がいる環境を変えることで、気持ちを新たにして仕事ができるようになった人はたくさんいます。見違えるようなパフォーマンスをすることができ、自分自身のポテンシャルが引き出されているという実感も得られる。そういう人が増えていけば、結果的に日本の社会もきっと良くなると思うんです」

 「内省」の大切さを何よりも実感している佐治は、その大切さをもっと多くの人に伝えていきたいのだといいます。そしてそれは図らずとも、リクルートキャリアに入社する以前から彼自身が興味を持ち、テーマとして掲げていた「教育」にも通じていくものです。

 「リクルートキャリアでの経験を活かして、いつか『内省』を教育に取り入れていきたいんですよね。“国語・算数・理科・社会”の中に“人生”という科目があるべきだと思っているくらいなので」(佐治)

 人のキャリアや人生プランに、とことん向き合うサービスを提供する。その仕事を通じて「内省」の大切さを知ってもらうことで、かつて自分が思い描いた理想の社会の姿に、一歩ずつ近づくことができるはず。佐治はそう信じて、キャリアアドバイザーの仕事に情熱を注ぎ続けています。

現在、積極採用中! 

 現在リクルートキャリアではキャリア採用を積極的に行っています。

リクルートキャリア採用サイトまたはWantedlyから求人に応募下さい。

また、ご経験にあった求人があった場合のみスカウトを受けたい場合は「キャリア登録」からエントリー下さい。お待ちしています。

(TEXT by PRTable