読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サンカクとグロービス経営大学院の共同講座「サンカクの学校」第2回開催!

成長企業のリアルな経営課題について経営陣とディスカッションできる「サンカク」と、徹底的に実践にこだわったMBAプログラムを提供するグロービス経営大学院が開催する短期講座「サンカクの学校」。第2回となる今回は、4月7日・14日・21日の3日間にわたって開催された。

f:id:pinq4387:20160613185918j:plain

スタートアップ企業の経営課題をテーマにディスカッション

4月7日は「クリティカル・シンキング」について学ぶオンライン講座。ビジネスを進める上でのベースとなる、課題解決・コミュニケーション能力を強化するための講座だ。4月14日は企業事例を使いながら、マーケティング戦略立案時に持つべき視座を強化する「マーケティング」についての講座。1日目と同じくオンラインにて行われた。

オンラインでの講義は、同じ時間に講師と受講者全員が参加するライブ形式。お互いの顔を見ながら気軽に発言や質問をすることができる。その様子は前回のサンカクの学校で、池澤あやかさんがレポートしてくれた。

最終日となる4月21日は、グロービス経営大学院・東京校にてリアルケーススタディをもとにしたディスカッションが繰り広げられた。サンカクの学校は社会経験があり、マーケティングに関心・興味のある人なら誰でも応募できるが、参加枠は25名。厳正なる抽選が行われた結果、マーケティングのエキスパートや社内SE、人事や研究開発職など、幅広い職種の人たちが集まった。

f:id:pinq4387:20160614014831j:plain

今回のリアルケーススタディにサンカクしてくれたのは、以下の5企業。

・株式会社CaSy
・株式会社Beer and Tech
・株式会社ビザスク
・株式会社BEC
・株式会社Bizcast

参加者にはディスカッションの1週間前に、ベンチャー企業各社の事業やサービスの特徴、マーケットや競合状況などが共有される。それらの情報をもとに、各社から出される経営課題に対して解決策を考えてくるといった流れで行われる。

まず最初にリクルートキャリア サンカクチーム 古賀敏幹から、ディスカッションの進め方についての説明が行われた。

f:id:pinq4387:20160614020056j:plain

続いて、各企業が提供するリアルケーススタディをもとに、一人5分間でアイデアや解決策をプレゼンし、そのアイデアに対して企業経営幹部を含む一チーム3~6人くらいでディスカッションを15分で行う。全員のアイデアに対してディスカッションをした後、各企業からのフィードバックをもらうといったスケジュールで進行された。

f:id:pinq4387:20160614014402j:plain

「シニア層に新たなアプローチ施策を探りたい」株式会社CaSy

CaSyはクラウド家事代行サービス『CaSy(カジー)』を提供するベンチャーだ。「CaSyのサービスは品質も良く、価格形態が明確で使いやすい」というブランドができつつあり、メディアからの取材も多い。

だが今後は、同業他社の参入が増え、マーケット競争が激化することが予想される。そのための差別化戦略や、具体的な施策を考えるというのが今回の課題だ。ディスカッションは特にシニア層に対するアプローチ策について、CaSyのCEO・胡桃沢精一氏を中心に白熱した議論が行われた。

f:id:pinq4387:20160614165429j:plain

胡桃沢氏は起業前に、グロービス経営大学院で経営はもちろんのこと、株式や投資のことも学んできた経営者。ホワイトボードを活用しながらマーケティングの講義を始めるという、まさにサンカク・ディスカッションな一幕もあった。

f:id:pinq4387:20160614170812j:plain

「売上を10倍にする通販サービスを」株式会社Beer and Tech

Beer and Techは、胡蝶蘭の通販サイト『HitoHana』を運営している。生産者直送のため、安定確保が多様な品種を取り扱いが可能で、商品価格も安く提供できる。

また、Webマーケティングを得意をしており、Web経由の顧客が多い。だが今回の課題は、その検索エンジン経由以外の顧客獲得チャネルを生み出し、売上を10倍にする施策を提案してほしいというもの。このチームはECコンサルタントやマーケターの仕事をしている参加者がいたこともあり、事前のリサーチやマーケティングを行った上での提案が多く、ディスカッションも盛り上がっていた。

f:id:pinq4387:20160614175412j:plain

HitoHanaに胡蝶蘭を注文してくれるユーザーには、個人と法人がいる。特に法人に関しては固定ユーザー、つまりリピーターが増えることは安定した売上が確保できることにつながる。Beer and Tech代表取締役の森田憲久氏は、「胡蝶蘭を注文する側だけではなく、受け取る側にも着目したユーザー獲得するアイデアが次々と出てきました。僕らの思考だとデジタル的なリーチばかり考えがちだが、リアルなシーンを想定しての提案は実用性の高いものでした」と語る。

f:id:pinq4387:20160614183753j:plain

「現在リーチできていない領域のアドバイザーを増やしたい」株式会社ビザスク

ビジネス相談ニーズに対し個人が対面や電話で相談に応えるスポット制のコンサルティングサービス『ビザスク』。現役の役職員を中心に、企業OB、フリーコンサルタントなど約16,000名が登録。組織、地域、世代を超えて、個人の知見を活かしビジネス課題を解決する、知見分野のシェアリングエコノミーを推進しているベンチャーだ。

f:id:pinq4387:20160614232337j:plain

今回の課題は、まだビザスクがリーチしきれていない領域、すなわちITサービスにそれほど感度が高くない層にアドバイザーとして登録してもらい、キャリア(経験)の新たな活かし方として提案したいというもの。

f:id:pinq4387:20160614232427j:plain

ビザスクのコンシェルジュサービスシニアマネジャーの田鍋圭助氏は、「マーケティングリサーチやっている人や情報感度の高い人が多かった。ディスカッションでも、ベースがあったので掘り下げることができました。まだ市場ができてないサービスなので、参加者の方の成功体験を含めた意見が大変参考になりましたね」と、アドバイザー獲得のヒントが得られたと満足気に感想を語ってくれた。

f:id:pinq4387:20160726092533j:plain
 ▲ピザスクのアドバイザーシステム。詳しくはこちらから

「バックオフィスマネージメントサービスの認知度を探る」株式会社BEC

 BECは弁護士、税理士など国家資格を保有する専門家に、Web上で依頼・相談ができるクラウドソーシングサービス『Gozal』を運営している。今回イベントに参加してくれたBECのCMO佐藤知則氏自身も文書情報管理士である。

現状のクラウド型バックオフィスマネージメントサービスの利用率は低い。なぜならクラウド自体を利用するユーザーが少ないからだ。これからそうしたサービスを利用する可能性があるユーザー、すなわち潜在層ユーザーがたくさんいるということでもある。そこで今回のお題は、どんなターゲットに対して、どんなチャネルでどうリーチして、どんなプロモーションするのか。できるだけ具体的なターゲット像、プロモーション施策を示してほしいというのが課題だ。 

f:id:pinq4387:20160614213043j:plain

佐藤氏はディスカッションを終えた感想をこう語ってくれた。
「社内でマーケティングをする機会が少ないので、自社のことを考えて提案してくれるのはとても嬉しかった。飲食店のチェーンをやっていた人の課題解決の提案がすごく面白かったし、ある業界の経験をもとに提案してくれたことはとても参考になった。ただ時間が足りない。一回で終わる話ではないので、継続的にメンタリングできる取り組みもぜひやってほしい。継続することでもっと筋肉がつくし、考え方をさらにふくらませていけるんじゃないでしょうか」

f:id:pinq4387:20160614211624j:plain

「YouTuberにPR案件以外の支援をしたい」株式会社Bizcast

 最大延べ2,200万人の視聴者にリーチ可能なYouTuberと、PRをしたい企業をマッチングするプラットフォーム『BitStar』を運営するのは、Bizcast。ゲーム・アプリ・美容・飲食など、さまざまな業界での実績を誇る。

影響力の高いYouTuberによるPR事業には、多数の競合がいる。『BitStar』の競合優位性を築くために、ファン交流や動画制作支援など、YouTuberにPR案件以外の支援策を提案してほしいというのが、今回の課題だ。

BizCast渡邉氏は、「これから新しい取り組みや、アドオンでの企画を提案いただいた。ディスカッションでも、参考になる意見が多かった。何より一緒に考えてくれたことがありがたかった」と語った。

関西からの参加者も。リアルサンカク終了後は、交流会で盛り上がる

サンカク・ディスカッション終了後は、参加者とベンチャー経営者たちとの交流会が行われた。ディスカッションで語り切れなかったことや、別チームでの課題などについて語り合ったり、交流が行われた。

f:id:pinq4387:20160614225112j:plain

最後に、今回の「サンカクの学校」参加者にも感想を聞いた。

「いろんな業界の人と知り合いたかったし、違う脳を使いたくて、京都から参加した。エンジニアにも経営視点があれば強みになる。オンラインでの授業はとても助かった」(教育機関・システム開発エンジニア)

「マーケティングと研究開発は何もないところから生み出すところが似ている。マーケティングのフレームワークを学べたのはすごく勉強になった。ベンチャーに興味があったので、その体験ができたのはいい経験になった。仕事でも役立てたい」(大手メーカー・研究開発職)

ベンチャーに興味がありサンカクしてみたい、マーケティングを学んでみたい、ベンチャー経営者と意見を交わしたいという方は、次回のサンカクの学校をぜひ楽しみにしてほしい。