読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自信のない自分から卒業しよう——“恋愛体質”な「悩み多き女子大生」だった内山紗貴が、エース営業に成長できた理由

Interview

2012年、株式会社リクルートのHRカンパニーと、株式会社リクルートエージェントの統合によって誕生した、株式会社リクルートキャリア。「人で、世界一になる」ことを目指し、これから創られていくこの場所では、社員一人ひとりが主人公です。今回は、新卒事業本部で企業の人事課題の解決に取り組んでいる、内山紗貴のストーリーをお届けします。

f:id:carraria:20160506203814j:plain

「自分は何のために生きているのか」と、悩み抜いた学生時代

「私って、何で生まれてきたんだろう」「自分の居場所はどこにあるんだろう」……

多感な10代の頃、誰しも一度は悩んだ経験があるのではないでしょうか。内山紗貴も、そんな疑問を抱えながら少女時代を過ごしたひとりでした。しかし彼女の場合、周りの人よりもほんの少し、その悩みが深かったようです。 

「物心ついた頃から、いつも悩んでいた気がします。もともと転勤が多い家庭だったので、小学生の頃から友だちと打ち解けるのが苦手だったんですよね。家族に対してもずっと素直になれなくて。人との距離感がつかめないまま、小さい頃は『この先誰とも深く接することがないまま生きていくのかな…』と思っていました」(内山)

さまざまな葛藤の末、内山は“恋人”という存在に寄りかかるようになりました。

「10代の頃はずっと“恋愛体質”でしたね。」と、彼女は当時を振り返ります。恋愛だったら、自分と相手1対1の関係です。家族や友だち、大勢とうまくいかなくても、恋人一人から認められていればいい。そんな気持ちを持っていたといいます。

さらに不安や自信のなさを埋めるために、彼女は常に人目を引くファッションに身を包んでいくようになりました。

「高校時代は完全にギャルでしたし、大学生の頃はいわゆる“裏原系”の派手な格好をしていたんです。自分の中身が空っぽだと思っていたから、そういう形でしか自己表現できなかったんでしょうね。当時は、自分の外見ばかりを必死で着飾っていました」(内山)

個性的なファッションを楽しみ、恋人もいて、しかも成績は優秀。周りから見れば、内山の学生生活はとても充実しているように見えたかもしれません。しかし、内山の不安感はなくなることがありませんでした。

「こんなにも苦しいのは、一体なぜなんだろう?」

そんな自分自身の悩みに対する答えを見つけたい一心で、大学では心理学を専攻したものの、どんなに心理学を学んだとしても、勉強を通じて不安の根本原因や「自分は何のために生きているのかという根源的な問いの答えは見つかりませんでした。

「相変わらず恋愛に寄りかかったまま、将来は普通に結婚して専業主婦になるつもりでいました。就職活動をはじめたのも、最初はレールに乗らずに人と違う生き方をすることに不安を感じたからです。『この先キャリアをどうしていきたいか』なんて、何も考えていなかったですね」(内山)

その後、就職活動をきっかけに自分の人生が180度変わることになるとは、彼女自身も想像すらしていませんでした。

不安からはじめた就職活動で、はじめて自分の強い意志を自覚

どちらかといえば、かなり消極的な動機から就職活動をはじめた内山。とにかく「どこにも受からなかったら困る!」という一心で、周りの就活生よりもたくさんの企業の会社説明会に参加し、たくさんのエントリーシートを書いて応募をするなど、一生懸命に活動したといいます。

「正直なところ、特に志望する業界もなかったので、本当にありとあらゆる業界、企業のことを手当たりしだいに調べました。でも、そうしていろいろな会社を見ているうちに少しずつ、この社会が人の“手作り”でできていることに気づいたんです。私たちが何気なく過ごしている日常や便利な生活は、必ず誰かの「仕事」によって作られているのだと。この世界は決して完成形ではなく、人の手によって変化しているんだと……未完成な世界なら自分も参加して、前向きに変わっていけるのではないかと思うようになったんです」(内山)

それはさまざまなことに悩み、不安を抱きがちだった彼女だからこそ、とらえることのできた一筋の光でした。

さらに、自己分析でも新たな発見がありました。自分自身を徹底的に掘り下げたことで、内山は自分の内側にあった強い意志を、はじめて自覚したのです。

「学生時代は成果を出すことでしか周りから認められないと感じていたので、その不安が自分の原動力だと思い込んでいました。でも振り返ってみて、勉強も課外活動も、一度『やる』と決めたことは絶対に疎かにせず、やり遂げてきたのは自分の意志だと気づいたんです。それを貫き通せるのが、自分の強みなんじゃないか、と」(内山)

自分も社会に参加して、仕事で力を発揮していきたい。就職活動を重ねるうちにそんな想いが大きくなり、少しずつ自分の進みたい道も見えてきました。大学で学んだ心理学を活かして、人の役に立ちたいと考えるようになったのです。あれほど彼女を苦しめた「自分は何のために生きているのか」という問いは、同じように自分を肯定できずに苦しむ誰かの手助けをしたいという“内側”から沸き上がる気持ちの源になっていました。

そんな自分の想いと方向性が固まるにつれ、50社以上エントリーした中から、ひとつの企業が自然と浮かび上がってきました。それがリクルートだったのです。

「私自身が悩んできたので、同じように悩んでいる人たちが本当の自分らしさを肯定し、イキイキと生きるためのお手伝いをしたいと考えるようになりました。それを実現できるのが、リクルートだと感じたんです。当時の社長の言葉にも共感しましたし、面接を担当してくれた方とのやり取りからも多くの気づきを得られて、ここならば自分も成長していけると確信しました。何の迷いもなく『私にはこの会社しかない、もうここにしか行きたくない!』と、心に決めていました」(内山)

f:id:carraria:20160510001310j:plain

悩み、壁にぶつかりながらも仕事に全力投球する日々

「ここしかない!」という熱い想いが通じたのか、内山は念願かなって2009年にリクルート(当時のリクルートマネジメントソリューションズ)へ入社。恋愛体質で「誰かのお嫁さんになるのが夢」だった人生から一転、あらゆることが急激に目まぐるしく動きはじめました。

「今でも学生時代の友人に会うと、驚かれます。真っ先に結婚して家庭に入ると思っていたのに、別人だね、誰よりも楽しそうに仕事をしているよねって(笑)」(内山)

彼女が配属になったのは、大手企業の採用支援を行うグループ。仕事をはじめてすぐの頃は、自分のやっていることがお客様の役に立っているのか、お客様からお金をいただくことと、お客様の役に立つことが両立している状態って、一体どうなったら生まれるのか、などと悩みが尽きることはありませんでした。

しかし、さまざまなハードルにぶつかりつつも、かつてのように不安ばかりで、自分に自信がなかった内山とは何かが違っていました。試行錯誤しながら仕事に全力で打ち込むうち、彼女はようやく「自分らしいあり方」の手応えを掴むことができたのです。それは入社3年目のことでした。

「入社3年目になり、仕事のコツが少しずつ掴めてきたころ、すごくいい仕事と向き合う機会を頂くことが増えてきて、それが転機になったんです。その一つが、とある大手金融機関との仕事。その企業様で働く女性の方々のモチベーションを維持し、定着率や仕事の効率を上げるための取り組みを行いました。足かけ数年かけて担当させて頂き、目に見える成果にもつながって。自分の提案が、実際にお客様の役に立っているのを実感できたことが、本当に嬉しかったんです。また、この事例はVISION MISSION AWARDという全社表彰の代表としても取り上げられたのですが、それから新規事業として、社内でも大きな事業に成長し、さらにたくさんの企業や、そこで働く方々に良い影響を与えられているのを目の当たりにして、世の中全体をよくできている仕事ができていると感じることができました。」(内山)

自分が手がけたかった「一人ひとりが自分らしく、イキイキと生きられるお手伝いをする仕事」。ここにいれば、いやむしろこのリクルートだからこそ、全てを叶えられる。取り組んでいける。内山はそう確信するようになったのです。

f:id:carraria:20160506203821j:plainMVPを受賞した時の記念写真。自信を持つ大きな転機になった。

「もっと自信を持って、道を切り拓く力を!」ーー今、就職や仕事で悩むすべての人に伝えたいこと

現在も内山はリクルートキャリアで、大手企業の人事支援に従事しています。その業務内容は人事課題の解決から人材の育成支援、組織活性まで多岐にわたります。「今の仕事がめちゃめちゃ楽しい!」と話す彼女の笑顔にはもう、ファッションや恋愛にすがって自分らしさを追い求めていた、不安でいっぱいな少女の面影はありません。

リクルート、そしてリクルートキャリアで働き続けて7年がたとうとしている今、彼女はこれまでと同じように仕事に邁進する一方で、自分自身が課題と感じている新たなテーマを模索しています。それは「女性のキャリア形成」についてです。

「女性に限らず、世の中には自分らしく生きられていない人が多いと思いますが、仕事をする中で、特に女性は生きづらい部分が多いと感じるようになりました。ですから最近では、女性のキャリアに関することを自分のテーマととらえて、いろいろなことに取り組んでいこうと考えています」(内山)

リクルートには「子育てしながら働きやすい世の中を、共に創る。」をキーワードに、「はたらく育児」を応援する「iction!(イクション)」というプロジェクトがあります。内山は今、この「iction!」と連動したソリューションの企画も進めているそうです。また個人としてもNPOの活動を手伝ったり、自主的に女子学生向けのセミナーを開催したり……アクティブに活動する彼女の胸の内には、どんな想いがあるのでしょうか。

「私もそうでしたが、自分には何もできないと思っている人は多いです。でも、誰にも必ず強みはあるから、まずはそれを発見してほしいと思います。自分らしさを伸ばして実力と自信がつけば、社会に出てからの選択肢が増えて、自分が望むように自由に生きていけるはずです」(内山)

「あなたはもっとできるし、がんばれる。だから自信を持って!」

ーー彼女が今、たくさんの人たちに伝えたいというメッセージは、かつての自分自身に向けたものでもあるのでしょう。

学生時代は志望業界も、やりたいことも定まっていなかった内山。しかし、就職活動をきっかけにポジティブなモチベーションを持ち、悩みながらも目の前の仕事に全力投球してきたことで、いつしか自分らしい道が拓けていました。

「仕事も大切にしつつ、結婚もしたいですね。以前のようにただ誰かと一緒にいたい、認めてほしいというのではなく、今は人生を共に歩んでいける、“共同経営者”のような伴侶を探すのが目標です!」(内山)

リクルート、そしてリクルートキャリアという活躍の場を得て、自分らしい生き方、働き方に出会うことができた彼女。仕事とプライベートの彼女らしいバランスを見つけて、これからもさらに飛躍してくれることでしょう。

現在、積極採用中! 

 現在リクルートキャリアではキャリア採用を積極的に行っています。

リクルートキャリア採用サイトまたはWantedlyから求人に応募下さい。

また、ご経験にあった求人があった場合のみスカウトを受けたい場合は「キャリア登録」からエントリー下さい。お待ちしています。

(TEXT by PRTable